forget for get

覚えるために忘れる

TeraTerm 自動ログインマクロ

毎日TeraTermでサーバに接続して作業するときに、毎回IP、ユーザ名、パスワードを入力するのはめんどくさい。
TeraTermのマクロを1度つくれば、あとはダブルクリックで簡単に接続できる。

・簡単パターン(IP、ユーザ名、パスワード固定)

connect '192.168.110.101:22 /ssh /2 /auth=password /user=kohshi /passwd=kohshi123'

上記をファイル名.ttlで保存し、ttpmacro.exeで開けばOK!

※ダブルクリックで開かない場合は、「拡張子とプログラムの関連付け」を行ってください。

 

秘密鍵を使う場合

connect '192.168.110.101:22 /ssh /2 /auth=publickey /user=kohshi /passwd=kohshi123 /keyfile=C:\pathtokey\private_key'

 

・接続した後、特定のコマンドを実行したい場合
(例)suしてcd

connect '192.168.110.101:22 /ssh /2 /auth=password /user=kohshi /passwd=kohshi123'
wait "$"
sendln "su"
wait ":"
sendln "kohshi"
wait "#"
sendln "cd /var/www/html/"

waitで特定の文字列を待ち受けて、sendlnでコマンド実行です。

 

コメントアウト

;一行コメント
/*
複数行コメント
*/


・ユーザ入力を受け付けたい場合
(例)接続先IPを入力させる

inputbox 'IPを入力してください' 'IP入力'
HOSTADDR = inputstr
COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=kohshi /passwd=kohshi'
connect COMMAND

inputboxでダイアログを出して入力受付、入力された値はinputstrに入っている
「strconcat 文字列 文字列」で文字列を結合する。

 

・選択肢から選びたい場合

(例)接続先IPを選ばせる

strdim HOSTNM 2
HOSTNM[0] = '192.168.0.101'
HOSTNM[1] = '192.168.0.102'

listbox '接続先IPを選択して下さい' '接続ホスト選択' HOSTNM if result >= 0 then HOSTADDR = HOSTNM[result] else end endif

COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=kohshi /passwd=kohshi'
connect COMMAND


strdimで配列を宣言して、値を入れる。
listboxに配列を渡すと、選択した値がresultに入る。
キャンセルされた場合はresultに−1が入る。

・ファイル名に日付を入れたい

getdate FILENAME '%Y%m%d-%H%M%S.log'

getdateでFILENAMEという変数に指定したフォーマットで文字列が入る。